ヴィンテージデニム

ヴィンテージデニム達

MENU

ヴィンテージデニムの魅力

ヴィンテージデニムの魅力は、たぶん誰もがそうだと思うが、あの色落ちに他ならない。

 

今から50年も60年も前にデニムがいまだに輝き続けるのは、そのデニムの丈夫さやデザインではない。
やっぱりあの芸術とも呼べるような色落ちがあってこそ、のような気がする。

 

何も、デニムは、それこそジーンズに限らない。
デニムジャケットにしかり、カバーオールにしかり、オールインワンやオーバーオールなどなど、
ファッションアイテムもそうだが、個人的にはデニムのバッグ、ウォレット、ストールなどなど、
いや、デニムの反物でもいい。

 

あの、ヴィンテージデニムを見るだけで、なぜかワクワクしてしまう。

 

何よりも魅力的なのが、
リーバイスやリー、ラングラーといった往年のデニムブランドに限らず、当時、その時代を生き抜いた、
ペイデイやビッグマックなどなど、
いわゆるストア系ブランドと呼ばれるデニム達ではなかろうか。

 

まあ、50年代のリーバイスの色落ちはまさに神がかり的なものがあるが、
(何年ながらリーやラングラーにはちょっとその辺で微妙なものがある。
まあ、ラングラーに関しては、70年代にはすでにブロークンデニムになっていただろうから、
それは論外として、確かに11MJなど、超フェイバリットなジャケットもあるから、リーバイスと遜色ないと言えばないのだが…、
それを言えばリーもそうか、ストームライダーなど、名品をかなり生み出しているからね)

 

ストア系デニムブランドのなかにも、例えばオーバーオールなんて言ったら、
ペイデイの色落ちなんて最高だし、(なぜかカバーオールになるとそうでもない)
その他のブランドでも、リーバイス以上の色落ちを見せてくれるデニムもあるから、
その魅力は図りしれない。

 

そんなデニム達だが、どうやら当時のリーバイスなどは、日本製のミシンが使われていたという話がある。

 

あのムラこそが、芸術的な色落ちを生み出している背景なのだが、
それが日本のミシンによってもたらされた、というなら何ともうれしい限りでないか。

 

あのインディゴに魅せられて、あれこれどれくらい経つのだろうか。

 

未だに、リーバイスなどのヴィンテージジーンズにはそれほど興味はないのだけど、
無名ブランドのデニムパンツや、バッグ、デニム素材ではないが、ネイビーのバンダナなど、
そんな昔の風合いにやられっぱなしってのも悪くはないかな。

 

いつか、そんな古きデニム、古着バンダナを集める旅に出たいものである。

 

バンダナついでにノーブランデニムパンツも色々と探したいものだ。

 

おすすめメンズファッション通販

更新履歴